ディスカッションしている人達

留学のタイプ

スクールの椅子

英語や外国語能力を効率的に取得するためには海外に留学し、現地で生きた言語を勉強する事が最短ルートです。高校や大学に在学している時に、学校で交換留学生などを募っていることがあります。それに応募すると学校の制度で効率的に外国でホームステイし、現地の学校で勉強をすることができます。また、逆に外国人留学生を家庭で受け入れることによっても、家で普段使わない英語を勉強することができ、日本に居ながら普段通りの生活をして英語を習得することができます。しかし、交換留学を行うことは、家族の理解など必要となり家庭の事情などによっては実現が難しい場合があります。その場合は、簡単にあきらめてしまうべきなのでしょうか。

英語を学習する機会は、何も学生時代だけに限りません。社会人になってからも、自主的に海外に語学留学する人が増えております。日本から最も近い英語圏のひとつであるフィリピンのセブ島では、日本人の若者向けに短期間で語学留学をするための語学学校が開設されています。その学校数も多いので、自分に合う学校を選んで留学できます。リゾート地としても有名な場所なので、開放的なキャンパスの学校などもあります。休みの日には、学生同士でレジャーなども楽しめます。そこで飛躍的に語学能力を伸ばした卒業生が、アジアをはじめ世界各国でグローバル人材として活躍しています。セブ島をはじめ、東南アジアで留学を行うメリットは日本からの渡航時間の短さ、渡航費用の安さに加えて現地での生活費用についても日本のそれよりも廉価に抑えることが可能です。