ディスカッションしている人達

実際に話す

辞書

英会話能力を伸ばす手段として留学は高い期待を持つことができるものです。英語を話さなければ何もできない状況に自らを置くことによって、なんとかして意思疎通をとろうとするように自分を奮い立たせることができるからです。 しかし、留学が本当に成果につながるようにするためには、ある程度の語彙が頭の中に入っていることが必要です。文法通りに話さなくてはならないとか、美しい英語を話さなければならないという固定観点を払拭してコミュニケーションをとることを余儀なくされるのが留学のメリットです。しかし、そういった要素があっても、もともと話すための語彙がなくてはコミュニケーションのとり様もないのです。まずは語彙からスタートするのが英会話上達には不可欠なのです。

語彙力と表現力がある程度記憶に定着してもなかなか話せなくて苦労することがあります。これが留学のタイミングとして最も適切なものです。こういった知識と実践の乖離が生じている状況で、そのバリアを外すことができれば円滑に会話ができるようになります。そのバリアを外すのに留学が役に立つのです。 国内で英語の勉強をしていると、いざとなれば日本語を使えば意思が通じるという甘えがあります。留学中はその甘えが許されなくなるため、手段を選ばずにコミュニケーションをとらざるを得ない状況になるのです。すると、通じないかもしれないと思って口から出なかった言葉を出してみたら割と通じたという経験を積むことができます。これが力になって英会話能力が身についてくるのです。